市営・公団・県営住宅等の団地で光回線でのネットができない場合

市営・公団・県営住宅等の団地で
光回線(光ファイバー)での
インターネットができない場合は、
WiMAX(ワイマックス)を利用する手があります。

<ワイマックスとは?>
簡単に言うと、
外からの電波で無線でインターネットができるサービスです。

 

ワイマックスを使えば、
家に回線を引き込まなくても、
インターネットができます。

 

自宅の市営・公団・県営住宅等の
団地がサービスエリア内かどうかを
確認してみてください。

 

broadWiMAX
  • 月額費用:最安級の2,856円/月
  • 初期費用:18,857円ですが、webフォームからの購入で5,000円割引
  • 端末無料

初期費用が発生しますが、
月額費用が最安級なので、
結果的に安くつきます。

 

broadWiMAXのサイト

下矢印

broadWiMAX

 

UQwimax
  • 月額費用:4,380円/月
  • 初期費用(登録料):3,000円ですが、webフォームからの購入で3,000円の商品券プレゼント

 

初期費用は、実質無料なので、
長く使うことはない方には、
向いています。

 

UQwimaxのサイト

下矢印

UQwimax

 

 

古い市営・公団・県営住宅等の団地では、
光回線が導入されていないことが多いですよね。

 

現在、市営・公団・県営住宅等の団地で
インターネットをしている人は、
ADSLでインターネットをしていると思います。

 

しかし、
ADSLは、事実上の「終了宣言」です。
ネット業者がADSLサービスを打ち切っています。

 

もう、ADSLが使えなくなり、
インターネットができなくなります。

 

そこで、
市営・公団・県営住宅等の
団地に住んでいる人は、
光回線を契約したいと思うのですが、
公団の許可が下りないと、
光回線にはできません。

 

そこで、
上記のワイマックスを
使うのが賢明です。

 

しかも、
ずっと市営・公団・県営住宅等の
団地に住む予定がなければ、
ワイマックスが便利です。

 

ワイマックスは、
光回線でのインターネットほど、
高速ではありませんが、
かなり使えますよ。

<ワイマックスの電波>
市営・公団・県営住宅等での
団地が密集しているところでは、
部屋の中に入ってくる
ワイマックスの電波が弱いので、
窓際に端末を置くと解消できます。

 

おすすめは?

市営・公団・県営住宅等の
団地では、以下のワイマックスが良いです。

broadWiMAX

下矢印

broadWiMAX